糖質制限ダイエットで24キロ減量に成功する3つのルール
  1. 糖質制限ダイエット
  2. ダイエットの考え方・取り組み方

【第三章】ダイエットの考え方・取り組み方

 糖質制限ダイエットに関する私なりの考え方・取り組み方は、大きく三つに分類できます。

体への貯金=収入-支出(マイナスになる方が良い)

ここで定義を記載します。
一.体への貯金 = 体重
二.収入 = 食事の量と質
三.支出 = エネルギー消費
という事になります。シンプルですね。

 貯金とは間逆の考え方で臨み、エネルギーという貯まるもの(収入)を効率的に減らし、最小限の努力でエネルギーを消費(支出)することが基本です。当然のことながら支出より収入の方が多ければ、体への貯金(=体重)が増えていきます。
 ここで重要な事は効率的かどうかです。支出は大きく二つに分ける事ができ、一つが心臓の動きや腸の動き、呼吸運動などの生命を維持するための基礎代謝で、もう一つはスポーツや散歩など意思を持ってエネルギーを消費する活動です。どちらの支出も変化をさせる事は大変な労力を伴いますので、収入をいかに効率的に下げられるかがポイントになります。

自分が死ぬまで継続できる内容である

 もう一つ重要な事は無理をしても長続きしない事です。ずばり!ダイエットとは自分自身のライフスタイルを継続的に変える事です。続けられなければ意味がありません。つまりダイエットとは人生の中における一時的な活動ではなく、自分自身が死ぬまでつづく活動と捉えます。元の体重へとリバウンドしないのは、ライフスタイルそのものを変えるからであって、継続できなく元の生活に戻ったら当然の事ながら体重もダイエットをしていなかった頃に戻るはずです。

シンプルなアクション計画で覚えていられる

 そして、最後はシンプルなアクション計画です。忙しい日常生活でも忘れずに意識してアクションできる事が重要です。意識・アクションするのを一日でも忘れると三日坊主になります。必ずしもアクションしない日を作らない訳ではなく、意識をしない日を作らないという事で、意思を持ってアクションをしない日は必要と思っています。シンプルでないと覚える事が難しく、常日頃から意識していられないからです。

 この三つは日常的な行動指針のようなものと捉えて頂ければと思います。この三つの考え方のうち、一つでも欠けたら私のダイエットは成功しなかったと思います。

朝食